接触冷感

1. 接触冷感とは
 1.1 原理
 1.2 基準
 1.3 追加素材


1. 接触冷感とは
 
簡単に言うと
触るとヒンヤリと感じること
 
1.1 原理

 

 ・繊維中に水分を多く含むこと

 ・熱伝導率・熱拡散率が高いこと

 ・触ったときに少し硬く感じること

 
 そのものが冷たいのではなく、肌から生地に瞬間的に熱が移動することで冷たく感じる。この移動量は最大熱吸収速度Q-max(W/㎠)で数値化出来、高いほど冷たいと評価されます。
 
1.2 基準

 

  感じ方 数値の目安
ポリエチレン 0.4~明確に冷たさが感じられる 0.45~
0.35~0.4
ジェル 0.35~0.4
レーヨン 0.3~まあまあ冷たさが感じられる 0.3~0.35
ポリエステル・ナイロン 0.3~0.35
キュプラ 0.3~0.35
加工綿 0.3
シルク 0.3
  0.2~若干冷たさが感じられる  

 

 

1.3 追加素材

 

キシリトール

  • キシリトールは水に溶けるときに水の温度を下げる吸熱反応を行う。
  • 汗などの水分と結合し吸熱反応を起こし冷たく感じさせる、乾燥すれば再度反応を起こす。

鉱石系

  • 熱伝導率の高い鉱石を素材に練りこむなどして冷たく感じさせる。